せりあa

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

パナソニック ホールディングス株式会社 パナソニック ホールディングス株式会社 グループ企業情報 グループCEOメッセージ 経営基本方針 1.企業の使命 2.パナソニックグループの使命と今なすべきこと 3.綱領 4.信条・七精神 5.パナソニックグループの「経営基本方針」 6.経営基本方針の実践 7.お客様大事 8.自主責任経営 9.衆知を集めた全員経営 10.人をつくり人を活かす Panasonic Leadership Principles コンプライアンス行動基準 「パナソニックグループ コンプライアンス行動基準」について 第1章 私たちの基本的責任 第2章 私たちの職場 第3章 私たちの経営資源 第4章 私たちの取引活動 第5章 私たちの社会的責任 調達活動 購入先様へのお願い グリーン調達について クリーン調達宣言 パートナー戦略 DXの取り組み 知的財産 「無形資産を巡らす」取組み ブランド保護の取組み 人材・組織体制 会社情報 グループ体制・関係会社 製品・ソリューション 個人向け商品 法人向け製品・ソリューション パナソニックがお届けするもの 体験施設・展示会 スポンサー活動・スポーツ 歴史 社史 松下幸之助の生涯 松下幸之助物語 松下幸之助一日一話 パナソニックミュージアム ニュース 投資家情報 決算報告 説明会 IR関連リリース IR資料室 一目でわかるパナソニックグループ 統合報告書 有価証券報告書 コーポレートガバナンス 中間・期末報告 IRカレンダー 株主総会 株式・債券情報 格付・社債情報 配当金 株式事務のご案内 電子公告 FAQ・お問い合わせ ブランド ブランドに対する5つの考え方 Panasonicの由来 ブランドの歴史 テクノロジー 研究開発の方向性 研究開発活動 イノベーターの仕事 研究開発体制 技術が牽引してきた商品の歴史 技術表彰 2024年 2023年 2022年 2021年 2020年 2019年 主要学会発表歴 2023年 2022年 2021年 2020年 2019年 2018年 パナソニック技報 パナソニック技報 最新号 バックナンバー パナソニック技報とは Technology Forum デザイン デザイン経営実践プロジェクト Panasonic Design サステナビリティ サステナビリティの考え方 サステナビリティ経営の推進 SDGsへの取り組み 社外からの評価 これまでの歩み 企業市民活動 SDGsへの取り組み Diversity, Equity & Inclusion 「DEI(Diversity, Equity & Inclusion)」とは? パナソニックグループのDEIポリシー DEIと社員のウェルビーイング トップコミットメント インクルーシブな職場環境づくり 一人ひとりへのサポート:多様な働き⽅とワーク‧ライフ‧バランス 障がいのある⼈ ⾼年齢者雇⽤ LGBTQ ジェンダーの公平性 グローバル各地域の取り組み データで見るパナソニックグループのDEI パナソニックグループ 各部門からの発信 エンプロイー・ジャーニー 多様性推進の歴史 受賞実績 環境への取り組み 方針 中長期環境ビジョン 環境ガバナンス TCFDへの対応 環境配慮商品・工場 地球温暖化への適応 工場のCO2削減 グリーンロジスティクス 資源 生物多様性保全 水資源保全 化学物質管理 世界各地域での環境経営 サプライチェーン連携 人材育成 環境コミュニケーション 社会への取り組み ガバナンスの取り組み サステナビリティ データブック バックナンバー ガイドライン対照表 採用情報 製品・ソリューション グループ企業情報 ニュース 投資家情報 ブランド テクノロジー デザイン サステナビリティ 採用情報 製品・ソリューション サステナビリティ サステナビリティの考え方 企業市民活動 SDGsへの取り組み Diversity, Equity & Inclusion 環境への取り組み 社会への取り組み ガバナンスの取り組み サステナビリティ データブック 方針 中長期環境ビジョン 環境ガバナンス TCFDへの対応 環境配慮商品・工場 地球温暖化への適応 工場のCO2削減 グリーンロジスティクス 資源 生物多様性保全 水資源保全 化学物質管理 世界各地域での環境経営 サプライチェーン連携 人材育成 環境コミュニケーション English 環境:地球温暖化への適応 地球温暖化への適応 宮城県東松島市の沿岸津波監視システム 沿岸津波監視システムの概要 当社グループは、緩和策を実施しても回避できない地球環境への影響に対処する適応策も推進しています。適応策としては、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)などが指摘している、気候変動が生態系、社会・経済などの各分野に与える影響への対処が基本と考えています。気候変動の影響は地域によって異なるため、地域性を加味した対策が重要と認識しています。 適応策としては、以下の2つの側面から取り組みを進めています。 当社グループ製品・サービス・ソリューションによる気候変動の影響を低減する取り組み 当社グループの企業活動への影響を低減する取り組み 1.の具体例としては、沿岸監視システム、グリーンACなどがあります。沿岸監視システムは、遠隔地から沿岸の状況の確認を可能とするもので、太陽光で発電し蓄えた電力でネットワークカメラを常時稼動し、無線通信も可能な完全独立電源型のシステムです。気候変動により影響増大が予測される高潮の対策に貢献すると考えています。 またグリーンACは、東京オリンピック・パラリンピックなどに向け商品化しました。水と空気を混合して微細にし、濡れを感じにくくしたドライ型ミストや、日よけの下にドーム状の冷却空間をつくるエアカーテンなどによって、オープンスペースの夏の暑さを和らげるものです。 ミストによる気化冷却式で、機器排熱量を上回る冷却能力を発揮可能である点から、地球環境にやさしく、空間を冷却するとともに人の体温を直接奪う効率の良い冷却が可能です。さらに噴霧機と各ノズルとの接続がフレキシブルな樹脂製配管で施工が可能なグリーンAC Flexは既設構造物への後付け設置のほか、ベンチ、公共モニュメントとの一体化設計等が可能です。単相200Vに対応した大容量タイプは、スタジアムや道路など大規模な屋外空間においても効率的にクールスポットを形成することが可能です。熱中症など温暖化が生活にもたらす悪影響を低減することが期待できます。 宮城県東松島市 沿岸津波監視システム(沿岸監視システムの事例) [プレスリリース]極微細ミスト噴霧機「グリーンAC Flex」大容量タイプを発売 2については、当社グループへの気候変動の影響を評価し、対処すべき課題を見極めることが先決と考えています。当社グループにとっての事例の一つが、水不足による生産活動への影響です。2017年度に当社グループのすべての製造拠点における水リスクアセスメントを完了し、現時点において当社グループの事業活動へ影響を与えるような水リスクは顕在化していません。詳細は、水資源保全を参照ください。 グリーンAC Flex(大容量タイプ)噴霧機 ノズルユニット 設置イメージ(カフェ) 設置イメージ(サービスエリア) 設置イメージ(スタジアム) ページの先頭へ トップ サステナビリティ 環境への取り組み 地球温暖化への適応 Facebook YouTube  X  LinkedIn サポート サイトマップ サイトのご利用にあたって SNS利用規約 ウェブアクセシビリティ方針 ソーシャルメディアポリシー 個人情報保護方針 Area/Country パナソニック ホールディングス株式会社Copyright © Panasonic Holdings Corporation

フランス対オーストラリアバスケ FORTUNAカジノ(フォルトゥナカジノ)のVIP特典と昇格 ... FORTUNAカジノ(フォルトゥナカジノ)のVIP特典と昇格 ... バカラダランベール
Copyright ©せりあa The Paper All rights reserved.